埼玉に於いてエコカラットを利用するメリットとは

エコカラットは非常に優れた特性を持っている画期的な壁材です。従来の壁紙とは異なり漆喰のように空気中の湿気を吸収し、湿度が低くなればその湿気を放出することで室内の湿度を一定に保つほか、嫌な臭いを吸収し壁の中に閉じ込めるという高度な機能を持っています。しかも加湿器や除湿器、空気清浄器のように電力を使用しないため、壁が勝手に空気をコントロールしてくれる非常に便利な壁材です。
埼玉は夏は非常に蒸し暑く、また冬は非常に寒く乾燥する気候が特徴です。
夏の蒸し暑い原因は高い湿度が原因で、そのために多くの家庭やビルなどでエアコンが運転され大気中に湿気が放出されるためさらに外気の湿度が上がってしまうという悪循環が起きやすい状態となっています。

そのため外出時には部屋の中も非常に蒸し暑い状態となり、通常の壁ではその熱を壁が吸収し、夜間に放出するためなかなか室温が下がらなく蒸し暑いという状態が続くことになります。エコカラットはこのような環境でその能力を発揮します。



日中の蒸し暑い湿気を吸収し、壁の中に閉じ込めてしまうため夜間に熱を放出してしまうことが有りません。

教えて!gooに関する疑問にお答えします。

また嫌な臭いを吸収するので、夜帰宅した際に日中の熱が部屋にこもることが無く、快適な状態の部屋に帰ることが出来るのです。



エコカラットは埼玉の気候でも非常に有効に働きます。

蒸し暑い埼玉の気候を緩和し、快適に部屋の湿度を維持することができるので都心への通勤で帰りが遅い埼玉の住宅でも非常に快適に過ごすことが出来る様になる壁材です。

関連リンク

  • エコカラットは非常に優れた特性を持っている画期的な壁材です。従来の壁紙とは異なり漆喰のように空気中の湿気を吸収し、湿度が低くなればその湿気を放出することで室内の湿度を一定に保つほか、嫌な臭いを吸収し壁の中に閉じ込めるという高度な機能を持っています。...

  • 室内の湿度というのは季節によって大きく変わってきますし、例年と比べて一気に湿度が低くなってしまう場合もあります。そんな急激な湿度の変化を放置していると、すぐに喉が痛くなってしまったり、空気中の病原菌が活性しやすくなってしまう点にも注意が必要です。...